参加規約

参加規約
■本イベントの概要:
ロジカルシンキングやドキュメンテーションなどの必要なビジネススキルを前提に、コンサルティング業界で活躍するために必要な新たなビジネススキルを獲得するトレーニングプログラムです
■本イベントの日程及び会場は以下を予定しております:
◯日程
Day1 | ビジネスモデル・アイデア創出手法 | 2019年5月26日(日) 10:00~17:00
Day2 | 戦略的資料作成 | 2019年6月2日(日) 14:00~17:30
Day3 | シミュレーションモデル策定 | 2019年6月8日(土) 14:00~17:30
    ※土曜日の実施となります。ご注意ください。
Day4 | メンタリング:ソリューション案策定 | 2019年6月16日(日) 14:00~17:30
Day5 | メンタリング:ビジネスモデル策定 | 2019年月23日(日)14:00~17:30
Day6 | メンタリング:ビジネスプラン化 | 2019年6月30日(日)14:00~17:30
Day7 | 最終報告・ソリューション提案 | 2019年7月14日(日)14:00~17:30
※原則として全日程にご参加ください ※2 定員を上回る申込みがあった場合は、選考とさせていただきます。

◯会場:Accentureオフィス(溜池山王付近)予定  (※詳細は参加者のみにご案内)
■運営主体・関係団体は次の各号のとおりとします。
◯主催:M.I.パートナーズ株式会社
◯Powered by :アクセンチュア株式会社
■本イベントへの参加者は、主催者が応募者の中からエントリーシートの内容審査や抽選等の方法により適宜選考するものとします。
■参加者は、本イベントの円滑な運営に協力し、主催者及びスタッフの指示に従ってください。主催者は、参加者が本イベントの参加資格を満たさない、スタッフの指示に従わない、本イベントにおける活動に関し法令および公序良俗に違反する行為をする、他の参加者に迷惑を及ぼす行為をするなど、本イベントの運営に支障が生じると判断した場合には、本イベントの途中であっても、当該参加者に対し以降の本イベントへの参加をお断りすることができるものとします。なお、これにより参加者に損害や不利益等が生じても、主催者は何らの責任を負わないものとします。
■本イベントで主催者及び協力団体・企業が提供する素材にかかる著作権等の知的財産権その他の権利は当該素材の提供者にそれぞれ帰属するものとし、参加者は本イベントにおける利用以外の目的に提供された素材を利用することはできません。
■参加者は、本イベントで使用するPCを自ら準備する他、主催者及び協力団体・企業が提供する以外のデータ、ソフトウェア、コンテンツ等の素材を、主催者の定める範囲内で本イベントに持ち込み、利用することができます。ただし、参加者は、参加者の準備する素材が第三者の知的財産権その他の権利を侵害しないことを保証し、万が一、当該素材の権利関係について第三者との間でクレーム、紛争が生じた場合はすべて参加者の責任において解決するものとします。
■主催者は、本イベントを動画撮影、写真撮影、録音等の方法により収録し、本イベントで開発された作品、成果物や発表内容とともに公開する他、主催者及び主催者の指定する第三者により各種媒体(テレビ、ラジオ、インターネット、新聞、雑誌、DVD等)において公開・利用することがあります。収録、公開される情報には、参加者の氏名、経歴、所属企業等のプロフィール、映像、写真、音声及び/又は肖像が含まれる可能性があります。
■参加者は、氏名、経歴、所属企業等のプロフィール、映像、写真、音声及び/又は肖像が記録・公開・利用されることに予め同意した上で本イベントに参加するものとし、主催者の自由な判断による記録、公開及び利用に関し、肖像権、プライバシー権、パブリシティ権、作品・成果物に関する著作者人格権等を行使せず、また一切の対価を請求しないものとします。
■知的財産権等の帰属について
1.本イベントで主催者が収録した映像、写真・音声にかかる著作権等の知的財産権その他の権利はすべて主催者に帰属します。
2.本イベントで主催者(主催者の協力団体、企業を含む。)、が提供した素材に関する知的財産権その他の権利は主催者に帰属するものとします。
3.本イベントにおいて参加者が提示した情報及び、参加者が主催者や他の参加者と共同して創作・開発した成果(著作物、発明、考案、アイデア、ノウハウ、コンセプト等を含みこれらに限定されません。)に関する知的財産権その他の権利は、原則として主催者に帰属するものとします。
4.参加者は、本イベントで主催者又は他の参加者に開示する情報に非公知情報が含まれていた場合、その開示内容にかかわるオリジナリティーの帰属や知的財産権の保護について主催者が何ら責任を負わない旨、予め了承するものとします。
5.本イベントの成果物について製品化が可能と判断される場合、主催者及び参加者は製品化に向け協力するものとし、必要に応じ、主催者による成果物に関する知的財産権その他の権利の利用及び取得について協議するものとします。
■反社会的勢力の排除
参加者は、暴力団、暴力団関係企業、総会屋またはこれらに準ずる者に該当、所属しないことを確約するものとします。
■参加者は、自らまたは第三者を利用して本イベントに関し次の行為を行わないことを確約するものとします。
1.主催者または他の参加者に対する脅迫的な言動または暴力を用いる行為
2.偽計または威力を用いて主催者の業務を妨害する行為
3.参加者が前2項の確約に反することが判明したときは、主催者はただちに当該参加者の参加を取り消すとともに、当該参加者の参加により主催者に生じた損害の賠償を請求し、当該参加者はこれを賠償するものとします。
■個人情報の取り扱い
参加者は、本イベントへの参加申し込み及び参加にあたって主催者に提供した個人情報が、以下の目的のために、主催者及び主催者の指定する第三者により、処理、保存、及び使用されることに同意するものとします。
◯本イベントの開催、運営、放送及びこれに関連する事項のため
◯主催者、共催者、協力者または協賛企業からの案内情報の提供や各種アンケート送付のため
■主催者は、法律に別段の定めがある場合を除き、参加者が本イベントに参加した結果、参加者に生じた損害や不利益、参加者同士または参加者と第三者との間の紛争等について一切の責任を負わないものとします。
◯参加者は、この規約の定めに違反し、主催者または第三者に対し損害を与えた場合には、自らの責任と負担によりこれを解決し、主催者に対し何ら迷惑、負担をかけさせないものとします。
◯主催者は、参加者が消費者契約法第2条第1項に定める消費者である場合、主催者に故意または重大な過失がある場合には、参加規約の定めにかかわらず参加者に生じた直接かつ現実の損害を上限として賠償するものとします。なお、参加規約のいずれかの条項の一部または全部が効力を有しないと判断された場合にも、当該条項以外の条項は効力を有しないと判断された条項と一体のものを除きその効力を有するものとします。
■参加規約の変更
主催者は、参加者への事前予告なく、必要に応じて参加規約を改定することができるものとします。この場合、主催者は改定の内容を参加者に周知するよう努めるものとします。
以 上